STAFF BLOG

2017.01.24更新

スポーツ外傷・障害

先日、当院で定期的に行っている

メディカルチェックで

肘の離断性骨軟骨炎と肘の内側上顆裂離骨折の小学生を超音波エコーで発見しました

状態が良くなかったため

すぐに肘の専門医に紹介状を書き

患者さんをおくり、肘の専門医のからのご返事のお手紙をいただきました

 

肘の専門医からのお手紙を通して

肘の専門医の先生のお考え・思いが子供のスポーツに係わる人に届くように

スポーツ障害で悩む子供がいなくなるように

内容を一部、要約して載せていきます

 

接骨院がく伊勢崎茂呂院 山田 学先生御侍史

このたびは

ありがとうございます

     ・

     ・

ご指摘の通り、離断性骨軟骨炎と内側上顆裂離骨折を認めます

     ・

疼痛がなかったため貴院での検診で見つからなければもっとひどい状況になってたと思います

 

少人数のチームで勝ちにこだわるチームはOCDや裂離骨折が多発しています

また今後とも野球障害の検診のほどよろしくお願いいたします

ご紹介ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

肘の専門医からのご返事のお手紙の内容により

肘の専門医の患者さんに対しての思いを感じ

スポーツ外傷・障害の予防に取り組んでいこうと改めて思いました

 

二か月前にもエコーで状態を確認した小学生だったのですが

その時は全く軟骨の崩れなどなく、正常だったのですが

1.2か月でこうも変わってしまうのかと

改めて定期観察の重要性を感じました

特に野球をやっている小学生、中学生は必ず受けた方が良いと思います

当院の受付でメディカルチェックの開催日をお知らせしています

また接骨院がくの公式LINE@でもお知らせしますので

登録してみてください

 

 

 

 

 

投稿者: 接骨院がく

2017.01.23更新

運動神経が

一番成長すると言われている年代をご存知でしょうか?

 

実は

運動神経の動作習得に最も有利な年代は

 

神経の型がほぼ完成した

 

9才から12才と言われています

 

この時期は

 

運動神経のゴールデンエイジとも呼ばれ

 

神経の組織の重量は変化しないが

 

神経と神経の間のネットワークが多様になることで

 

からだの機能を向上させることができます

 

基礎練習を踏まえた後に

 

各スポーツの様々な動きを

 

ゲームの中で覚えて習得する時期です

 

この時期の注意点としては呼吸器や循環器官がまだ発育途中の為

 

強い負荷の運動を長い時間続けるなどには向いていません

 

その点に気を付けつつ

 

子供たちと楽しみながら

 

技術や

 

動作の繰り返しの練習をしていくと良いと思います

 

 

 

 

投稿者: 接骨院がく

お気軽にお問合せください!

  • btn_tel01.jpg
  • btn_tel02.jpg
  • 接骨院がく 韮塚院
  • 接骨院がく 茂呂院
  • STAFFBLOG
お気軽にお問合せください! 韮塚院:0270-50-7833 茂呂院:0270-20-7833